忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピタゴラス律でガーン♪と派手な曲

私の電子ピアノではピタゴラス律の時、基音Cの初期状態ではG#-E♭にあるウルフが、基音をF#に変更するとD-Aに移動します。
こんな白鍵領域のド真ん中にウルフがあったら弾ける曲なんてない? いえいえ、わざわざ探さなくても適合曲が結構見つかるんですよ。

派手な演奏効果で聴衆ウケを狙う作品を集めた、ロバート・D・ヴァンドールの「Celebrated Virtuosic Solos Book5」に、そんな曲が2つもありました。

★「旋風」(ホ短調、転調なし)


★トッカータ ヘ短調 (転調:変ロ短調)


「旋風」は4度・5度の使用が多いので、その点はピタゴラス律向きです。
しかしホ短調なので白鍵を多く使い、静かな中間部分では長・短3度もだいぶ出てきます。
にもかかわらず破綻したり音痴にならないのは、ピタゴラス律に偶然できる純正に近い長・短3度のおかげなんですね。

★これについて詳しい説明はこちら

この曲ではウルフをまたいだ白鍵の間を何度も音が行ったり来たりしているも、何故かDとAだけはカチ合わずに済んでるのでした。
実はペダルが効いた状態でAの少し後にDが鳴る(つまり4度音程での近接使用)ことが2回あり、ヴェルクマイスターからピタゴラス律に切り替えた当初は「あ…ここが…」と少し気になったんです。
しかし、テンポが速いことや同時に他の音もガチャガチャ(笑)鳴っているので、そのうち自分でも分からなくなってしまいました。
(もしどの箇所か気づいたら、相当耳の良い方です)

音の芯が明確で透明度の高いサウンドは、弾いていてすこぶる爽快です。
特にコーダは、左手で強打するE-Bの空5度と右手の分散和音「E-F#-B」、すべての音が整数比になっており(E-F# は純正律の大全音になり振動数比8:9)、ペダルで響いてとてもキレイです。
終わっても音が消えるまでずっとそのままにしていたい気持ちですが、楽譜では2拍で切ることになっているので、やむなく途中でペダルから足を上げています。
(平均律ピアノだと相当うなりが出て響きが汚いので、すぐ切る指示なのでしょう)

一方、黒鍵を多く使う「トッカータ ヘ短調」は、関係ない所にウルフを飛ばしたピタゴラス律の使い方といえます。
聴こえている長・短3度の大部分は純正から大きく外れていても、主要部分ではそれらの同時打鍵がないことと、短調曲は長調曲よりも3度の狂いが気にならないので、5度が合っているクッキリ感によるメリットの方が大きいですね。
和音を強打する中間部分は3度音程の悪さが目立ちますが、「美しさ」をウリにする曲じゃない(笑)ので、もう迫力と勢いで押し切ってしまいました。
とにかくガーーーン♪ゴーーーン♪と豪快にピアノが鳴り、それだけでもう十分な魅力です。

どちらの曲もピタゴラス律にすると、長時間ヘッドホンでガンガンと練習しても耳が全く疲れないのも嬉しいところ。
同じ電子ピアノなのに、他の音律の時とは別楽器になったような印象です。
電子ピアノでさえこうなんだから、もしスタインウェイのフルコンなんかをピタゴラス律に調律したらどうなるんですかね?
想像するとちょっと怖いくらいです。
なおD-Aが狭いウルフ…は、キルンベルガー第1法と同じなので、上記の2曲はどちらも第1法でも演奏可能です。
特に「旋風」は白鍵領域の純正長・短3度が利用でき、ピタゴラス律の時よりもさらに良くなることでしょう。
PR

ホ長調~ヴェルクマイスターで24調・第6回

ヴェルクマイスターで24調シリーズ(詳細)、今回は調号がシャープ4つのホ長調です。

◆デニス・アレクサンダー/「天上の子守歌」(臨時記号が一切ないので、ホ長調音階の音しか使っていません)


◆グルリット/「舟歌」Op.201-15 (転調なし)


ホ長調の音階構成音は五度圏図ではちょうど下半分で、ヴァルクマイスターの半裏領域といったところでしょうか。
狭い五度は音階内にたった1つ(B-F#)あるだけです。


最も重要な主和音の五度E-Bと、下属和音のA-Eが純正なのが大きな利点ですが、その一方で長三度は全て平均律よりも劣化しています。
しかし実際に曲を弾いてみると、広めの長三度は明るく旋律も伸び伸び聴こえて悪くなく、純正五度のクッキリした響きと相まって、総合的には非常に良い印象でした。
ホ長調に対して何となく自分が持っていたイメージと、ピッタリの鳴り方するんですね。
特にグルリット「舟歌」は爽やかで音律とのハマリ具合が絶妙、弾いていても気持ちが良かったです。

ところで私は子供の頃、ご多分にもれず「バイエル」でピアノの勉強を始めましたが、バイエルではフラット系は調号2つの変ロ長調までなのに、シャープ系は何故か調号4つのホ長調まで登場します。
当時からすでに、ハ長調からト長調⇒ニ長調⇒イ長調…とシャープが増えるにつれ、音がニギニギ(変な表現ですが、ホントにこういう感じ)してきて緊張度が高くなるけど、それがホ長調になると急に緩んでおおらかになるイメージを持っていました。
突然広い牧場に出たような気分なので、ホ長調の自分的イメージカラーは緑色ですね~、もうこれ以外考えられません(笑)。
本来、平均律の電気オルガンやピアノではこのような調性感なんて無いはずなのに、不思議なものです。

不等分律が主流だったバロック末期や古典派からロマン派の時代、よほど特殊な音律でもなければ、シャープ系ではホ長調あたりから目立って長三度が広くなるはずですから、その印象がホ長調のイメージを形作るとか、作曲家も無意識のうちにそれに影響されてしまうのかもしれません。
または「この曲の性格にはホ長調がピッタリだ」という順番もあるでしょうね。
現代の作曲家であっても、全調曲集のような「調」を意識する作品の場合は、古典作品を聴いて形作られた調性格(といっても共通認識があるわけではないので、その人なりの…でしょうけど)に有形無形の影響を受けているのだと思います。

◆オマケ◆
シューマン《ユーゲントアルバム》からホ長調の「春の歌」を、電子ピアノのフォルテピアノ音+ヴェルクマイスターで演奏したものがこちら
クッキリと明るいヴェルクマイスターのホ長調と、春の到来に心浮き立つ曲調が相性抜群、同曲集の「五月、愛する五月」もやはりホ長調です。

ロ短調~ヴェルクマイスターで24調・第5回

ヴェルクマイスターで24調シリーズ(詳細)、短調のトップバッターはロ短調です。

◆ロバート・D・ヴァンドール/プレリュード 第7番 ロ短調(転調なし)

★3段階に難易度分けしてあるこの曲集の、一番簡単なグループの中で非常に人気のある曲です

◆グルリット/「高貴なワルツ」Op.201-8(転調:平行調のニ長調)

★ショパンのロ短調ワルツ、Op.69-2の予備練習に使えそうな曲

短調の音階構成音を五度圏図に書くと、自然的短音階では長調と同じく半円状に連続して音が並びますが、和声的短音階(最もよく使われる)では第7音を半音上げ導音とするので、下図のようになります。(AがA#となることに注意)

主和音が「B-D-F#」、属和音が同主調のロ長調と共通で「F#-A#-C#」(長三和音になります)、下属和音が「E-G-B」ですね。
(コードネームではそれぞれ「Bm」「F#」「Em」)
ヴェルクマイスターでは、主和音の五度B-F#が狭い、属和音の長三度F#-A#が広い(ピタゴラス長三度)のが残念な点でしょうか。

一般に短調は、長調と比べて音律の弱点があまり気になりません。
少々響きが悪かろうが音程がハズレようが、むしろそれが短調曲らしい陰鬱さや苦悶の表現にプラスになることもあるからです。
で、上の2曲を弾いてみて、ヴァンドールのプレリュードは分散和音中心の書法のせいか、特に不快な点はありませんでした。
ベートーヴェンの「月光」ソナタ第1楽章を思わせる深遠な曲調が印象的ですね。

しかしグルリットの方は困りました…左手のブンチャッチャ♪の「チャッチャ」にまずい音程がたくさん含まれてるわけですよ。
どうもスカッと和音が決まらない、モゴモゴするのは弾き方が悪いのか?と最初は思ったんですが、音律のせいも多々あるようです。
しかもこの曲、これまたヴェルクマイスターが苦手なニ長調にも転調してる!
やはりこの部分も「響きがなんだかな…」と眉(耳か?)をしかめなら弾くハメになりました。
悪い音程が含まれている同時打鍵の和音が、曲中何度も鳴ると辛いものがありますね。
私はワルツの左手跳躍が不得手なこともあって、この曲はあまり楽しく弾けませんでした。

平行調同士のニ長調←→ロ短調を行ったり来たりする和音の多い曲は、ヴェルクマイスター向きではないとして良さそうです。
でも時代的に、このグルリットの全調曲集は何らかの不等分律で書かれているはずなんですけどね…
今のところ、平均律で書かれている(はずの)ヴァンドールの方が、ヴェルクマイスターでも健闘しているのが不思議です。

スポンサードリンク 

ブログ内検索

最新コメント♪

[06/04 REIKO]
[06/04 Enrique]
[05/22 REIKO]
[05/17 渥娃]
[04/30 REIKO]

スポンサードリンク

中の人より

管理人名:REIKO
★リンクはご自由に★
どのページでも構いません

カウンター

バーコード