忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クープランの音律?で「神秘の障壁」

古典調律のデータを調べていると、フランソワ・クープランの修正ミーントーンなるものがあります。
その言い方だと、F・クープランが考案した・・・ような印象を受けますが、同じ音律をフランス17世紀の一般的音律と紹介しているものもあり、真偽のほどは分かりません。

まだウルフ(純正より大きく狂っていて使えない五度)が残っています。



通常のEs型ミーントーンよりも21セントほどE♭が低いので、この音はD#にもなる兼用音としていいと思います。
D#は良く使われるので、これなら一々Dis型ミーントーンに調律替えしなくてもいいですね。
(それがこの音律の「狙い」だと思いますけど)

E♭-B♭-Fの純正より5セント広い五度(いわゆる wide fifth)は、一応五度としてガマンできる広さなので「使え」ます。
このあたりに広い五度を配するのが、フランスバロックの音律の特徴のようです。

この音律で変ロ長調の「神秘の障壁」を演奏してみました。
広い五度領域をまともに使うため、独特の響きです。



A♭音は、G#が代わりに鳴っているので相当低いです。
このG#自体は通常のミーントーンと同じ高さなので、本来ならここで「破綻」してもおかしくありません。
しかし、E♭やB♭も低くなっているのに加えて、和音が半拍ずつズレて入る書法のせいか、崩れそうで崩れませんね~!
まさに神秘・・・落ちそうで落ちない、よろめきそうでよろめかない ──── スレスレの色っぽさが実におフランス!
これを聴く限りでは、本当にこの音律で作曲してたのかもしれないなぁ、と感じるのは確かです。

F.クープランのクラヴサン曲は数も多いし、バッハのようにMIDIが簡単にダウンロードできる状況にないので、音律の想定に手間がかかります。
装飾音が多いので(「神秘の障壁」は例外的に少ない方)、自分で打ち込むのも大変なんですよ・・・(^ ^;)
でも装飾音が不正音程のカバーに利用されてることがあるので、省くわけにはいきません。
装飾音はバロック音楽の華ですが、そういう実際的な事情もあるようです。
PR

スポンサードリンク 

ブログ内検索

最新コメント♪

[06/04 REIKO]
[06/04 Enrique]
[05/22 REIKO]
[05/17 渥娃]
[04/30 REIKO]

スポンサードリンク

中の人より

管理人名:REIKO
★リンクはご自由に★
どのページでも構いません

カウンター

バーコード